FC2ブログ

気ままに。

気ままにぶらぶらしながら、美味しいものを食べる。そんなことを綴っていきます。

北海道函館市 居酒屋「旬味 鹿六」でお食事しましたよ。

「旬味 鹿六」さんに行ってきました(2015/8/21)。

「北海道を旅行してきました2015夏」シリーズの2日目の夕食になります。

今回の旅行では、一回は居酒屋に行って北海道ならではの料理を色々食べてみたいと嫁さんと話していたんですが、今回は嫁さんのママ友さんの友人の旦那さんのお店というちょっとしたご縁で「旬味 鹿六」さんへ行ってみることにしました。

住所:北海道函館市本町31-8 池垣ビル 1F

「旬味 鹿六」のHPはこちら


お店の外観です。
旬味 鹿六-1
なんというか、お弁当屋さんのような可愛らしい外観ですね。

でも、中は少し違ってこんな雰囲気です。
旬味 鹿六-5
割とこじんまりとした個室で僕はけっこう好きですね。(掘りごたつ形式でした。)

席に着いたらまずは飲み物です。
旬味 鹿六-6
お、スーパードライのエクストラコールドがあるじゃないか!と嫁さんと話していたんですが、注文はいつもの癖で「生中」と言ってしまいました。(気づいた時に少し後悔しました。)

・生中 500円
旬味 鹿六-7
とりあえず「生」で乾杯です。

付き出しはこちらです。
旬味 鹿六-8

何を注文しようかと迷っていると、壁におススメのメニューが貼ってありました。
旬味 鹿六-9

テーブルにもおススメのメニューがあったのでこの辺りから選んでみることにしました。
旬味 鹿六-10
(他にも色々なメニューがありましたが、HPに詳しく掲載されています。

まずは子供用におにぎりです。
旬味 鹿六-11

続いては茶碗蒸しです。
旬味 鹿六-12

この日はかなり早めに一杯を飲み終えてしまったので、二杯目はしっかりエクストラコールドを注文です。
旬味 鹿六-13
初めて飲みましたけど、美味しいですね。(嫁さんも気に入っていたので、次から我が家の定番になる予感です。)

ここからはおススメメニューからの注文です。

・イカの叩き 850円
旬味 鹿六-2
これぞ北海道というか函館ですよね。イカの叩きは初めて食べましたけど、独特な食感がやみつきです。甘くて弾力がありながらも柔らかく、お酒のあてにピッタリでした。

いいペースで飲んでいる僕はここでお酒を日本酒に変更しました。
旬味 鹿六-14

このお酒は下の写真にある函館奉行ですが、フルーティーで飲みやすかったです。
旬味 鹿六-18

・根ぼっけ(ハーフ)850円
旬味 鹿六-15
嫁さん希望のほっけです。脂がよくのって美味しかったですね。色々注文するならハーフサイズでも十分な大きさだと思います。

・じゃがバター 450円
旬味 鹿六-16
驚いたことにイカの塩辛つきでした。でも、店員さんと話していると函館ではこれが普通なようで、食べてみると塩辛が意外と合うんですよね。これなら家でも出来るのでまたいつかやってみようかと思います。

・ヒラメ昆布〆うす造り(函館)1200円
旬味 鹿六-17
コリコリした食感だったことは覚えていますが、少し印象は薄かったかなー。

・烏賊一夜干し 680円
旬味 鹿六-19
この一夜干しはお店で焼いてから出してもらうことも出来ますし、自分で焼いて食べることも出来ます。

やっぱり、自分でやってみたいので焼いてみました。
旬味 鹿六-3
日本酒のあてに食べていましたが、大人な雰囲気が美味しさを一層引き立てますね。いいですね。

日本酒は一夜干しで飲み切ったので、お酒を変えてみました。
旬味 鹿六-20
メニューを見ていてウイスキーがニッカの二種類しか置いていないことに気づいたんですが、ここはやっぱり北海道だからなのかな?と思いました。

ということで、次は竹鶴17年を飲んでみることにしました。

・ウイスキー(竹鶴17年)550円
旬味 鹿六-21
まず、この値段で17年を飲めることに驚きました。恐らく普通はもう少し高いと思うんですよね。前日にニッカの余市蒸留所で21年を飲み、この日は17年。幸せな旅行です。(普段は家で竹鶴ノンエイジを大事に少しずつ飲んでいます。量を飲みたいときはブラックニッカのリッチブレンドです。。)

・鹿肉もも炙り 1,200円
旬味 鹿六-4
珍しいと思うんですが、鹿肉を食べることが出来ました。(上のおススメでも食べ物で一位です。)これが見た目通り、ローストビーフのような味と食感で変な臭みもなくて、鹿肉って意外と美味しいものなんだなー、と思いました。

・大串盛り合せ 1,600円
旬味 鹿六-22
写真では伝わりにくいですけど、これ本当に大串でした。しかも美味しくて頼んで良かったなー、と思いましたけどお腹が空いている序盤にビールを飲みながら食べる料理でしたね。。(ちょっと注文の順番を間違えたのは後悔ですけど、味とボリュームには満足しています。)

いやー、本当によく食べました。ちょっと大皿を頼み過ぎたこともあって、恐らく嫁さんと二人で三人分は食べていると思います。(お会計も1万3千円ぐらいだったような。。)思い返せば「鹿六」さんはどの料理も本当にボリュームたっぷりでがっつり食べたい時にはピッタリなお店だと思います。

お腹一杯になった後は函館山の夜景で2日目を締めました。
函館山の夜景-1

次回から最終日の3日目になります。

◆「北海道を旅行してきました2015夏」シリーズ

1日目(新千歳空港→小樽→余市→洞爺湖)
・観光:小樽運河
・昼食:回転寿司「和楽 小樽店」
・スイーツ:チーズケーキ「ルタオ プラス」
・観光:ニッカウヰスキー 余市蒸溜所(前編後編
・宿泊:洞爺サンパレス リゾート&スパ

2日目(洞爺湖→函館)
・観光:大沼国定公園
・休憩:団子「沼の家」
・昼食:ラーメン「あじさい 本店」
・観光:五稜郭タワー
・休憩:「六花亭 五稜郭店」
・観光:五稜郭
・夕食:居酒屋「旬味 鹿六」
・観光:函館山の夜景
・宿泊:ホテル法華クラブ函館

3日目(函館→函館空港)
・朝食:海鮮丼「きくよ食堂 本店」
・観光:函館朝市
・観光:ベイエリア(八幡坂、教会、金森赤レンガ倉庫)
・昼食:ハンバーガー「ラッキーピエロ ベイエリア本店」
・持ち帰り:やきとり弁当「ハセガワストア ベイエリア店」
・昼食:回転寿司「函太郎 宇賀浦本店」

食べログはこちら(僕が行ったときは3.06点でしたよ)。

読んでくださった方、ありがとう。

それでは。

関連記事
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
[ 2015/11/04 23:29 ] 気ままにお食事 魚介・海鮮料理 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

青いおいも

Author:青いおいも
 気ままに色々と更新していきますので、よろしくお願いします。
 一応、関西をメインとしていますが、最近は各地へ旅行をするのが楽しみで、少しずつ範囲も広がっています。目指せ47都道府県全制覇ですが、どうでしょうかね。。

2018/10/28
 一年半ほど休んでいましたが、ぼちぼち復帰します。ブログを見て全然更新してないな!と思った方、すいません。(仕事が忙しすぎたり、PC壊れたり、言い訳ですが、、、)また、少しずつですが新しい記事を書いていこうと思います。

アクセスカウンター
検索フォーム
QRコード
QR