気ままに。

気ままにぶらぶらしながら、美味しいものを食べる。そんなことを綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

三重県桑名市 なばなの里ウィンターイルミネーション 冬華の競演へ行ってきました。

「なばなの里 ウィンターイルミネーション 冬華の競演」へ行ってきました(2012/1/14)。

「名古屋めしの旅」の初日の夜に名古屋を抜け出して、なばなの里でイルミネーションを満喫してきました。

今回で三回目の訪問になりますが、毎年テーマも変わり、少しずつパワーアップしてることもあって、今回も新しい感動を味わうことができました。

僕の中では冬の風物詩の一つで、チャンスがあるなら毎年見たいかなー、と思います。

期間:2011/11/3~2012/4/1(当初は3/11迄)

住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270なばなの里

なばなの里のHPはこちら
 

なばなの里には18時半頃に到着しましたけど、この日は土曜日で混んでいたためか、入口の前にある駐車場には止めれず、メイン会場の裏手にある駐車場を使うこととなりました。

車を停めて、入口に向かいます。
なばなの里の入口へ なばなの里の入口へ2
(右の写真はライトのアップです。)

メイン会場の裏手の駐車場から入口までは、歩いて15分程度です。
駐車場から入口まではシャトルバスも出ていましたけど、タイミングが合わなかったため、徒歩を選びました。

入口付近まで来ると、イルミネーションのお出迎えです。
まずは、入口へ続く通路の両サイドのイルミネーションです。
なばなの里の入口へ3 なばなの里の入口へ4

入口へ続く通路を進みます。突き当たった場所の裏側になばなの里の入口があります。
なばなの里の入口へ5 なばなの里の入口へ6
なばなの里の入口
入場料は小学生以上2,000円で、そのうち1,000円分はなばなの里内で利用できる金券になっています。

入口を入ると、ピーターラビットが出迎えてくれました。
なばなの里(ピーターラビット)
ここは最初の記念撮影スポットで、何人もの方が、順番待ちをして写真を撮っていました。

進みます。
なばなの里進む
和と洋が融合していて、けっこう好きな一枚です。落ち着いた雰囲気が漂ってます。

なばなの里は基本的には一方通行になります。
なばなの里進む2

◆光の雲海
なばなの里(光の雲海)
まず始めに出てくるイルミネーションが光の雲海です。その綺麗さといったら、言葉を失います。

角度を変えてもう一枚。
なばなの里(光の雲海2)
青いライトの雲海に光のアーチがかかって、周りの小さなツリー?は色を変化しながら、輝きます。

この後、写真左上に写っているチャペルへ進んでいきますが、光の雲海の横では、やきそばが売っていました。
なばなの里(やきそば) なばなの里(やきそば2)
これが、けっこう面白くて、男性5人が大きな声で気合をいれながら、やきそばを作っているんです。
周りには大勢のお客さんが集まって、やきそば作りの様子を見ていました。

◆ツインツリー
ツインツリー
チャペルへ進んでいくと、チャペルの前にはツインツリーがあります。
このツリーは高さ18mで天然木(もみの木)にイルミネーションが施されています。大きな木が並んで壮観です。

チャペルのすぐ前には、記念撮影スポットが。
なばなの里(チャペル前のアーチ)
アーチからカップルが顔を出しながら、記念撮影していました。撮影待ちの長い行列ができていましたね。

◆チャペル
なばなの里(チャペル)
なばなの里(チャペル2) なばなの里(チャペル3)
なばなの里(チャペル4) なばなの里(チャペル5)
このチャペルもまた絶えず色を変えながら輝いていて、とても綺麗です。変化のあるライトアップは、時間を忘れてずっと見ていられます。

チャペルから進みます。

途中、足湯を発見です。
足湯

さらに進みます。
なばなの里進む3
なばなの里進む4

◆麺料理 芭蕉庵
麺料理 芭蕉庵 麺料理 芭蕉庵2
木がライトアップされているだけですが、幻想的で綺麗ですよね。

ここまで来ると、光のトンネルまで350mです。
光のトンネルまで350m

ここから少し進むともう一件、お店が。

◆中国料理 桃仙
中国料理 桃仙 中国料理 桃仙2

一方ではとても綺麗な水上イルミネーションが眼前に広がっています。

◆水上イルミネーション
なばなの里(水上イルミネーション)
これがとても綺麗なんですけど、ここから少し進んで、水上イルミネーションを見ながら、同時にチャペルを見ると、これがまた絶景!

なばなの里(水上イルミネーション2)
上の一枚からけっこう進んでます。水にイルミネーションが反射してとても綺麗です。

さらに進むと、ベゴニアガーデンがあります。

◆ベゴニアガーデン
なばなの里(ベゴニアガーデン) なばなの里(ベゴニアガーデン2)
入場料は大人1,000円なので、入場料と同時に購入している1,000円の金券で入場することが可能です。

今回は時間の都合上、入りませんでしたけど、綺麗な花が見られてけっこう楽しめますよ。

なばなの里(ベゴニアガーデン3)
ちなみに、ベゴニアはなばなの里のメインの花のようです。見ないと価値がないとは。。

さらに進みます。
なばなの里(水上イルミネーション3)

ここまで来ると、光のトンネルまで100mです。
光のトンネルまで100m

◆光のトンネル(光の回廊「華回廊」)
光のトンネル「華回廊」
これは凄い!圧巻です。

光のトンネル「華回廊」2
この光のトンネルは全長200m。

光のトンネル「華回廊」3
とにかく綺麗の一言。これに尽きます。
さすが、案内板にずっと方向と距離が示されている、人気スポットですね!

光のトンネルを出ます。
光のトンネル「華回廊」4

少し進むと、テーマイルミネーションのコーナーがあります。
日本の四季の看板
(このコーナーがなばなの里の一番奥です。そして、駐車場はこの裏でした。。)

今回のテーマは「日本の四季」です。

◆日本の四季
日本の四季の看板2
これは、入口にあった紹介板です。

日本の四季の看板3 日本の四季の看板4
日本の四季に合わせたイルミネーションが展開されていきます。

・春
日本の四季(春)
菜の花が一面に咲き、桜は満開に。

・夏
日本の四季(夏)
生命力を感じる緑。蛍や花火の情景も。

・秋
日本の四季(秋)
鮮やかな色づきをみせる紅葉。

・冬
日本の四季(冬)
雪が静かに降り始め、銀世界に。

・動画
[広告] VPS

春の手前から、1周分を動画で撮影してみました。新年の始まりを表す「希望の虹」、夏の花火には感動しました。

テーマイルミネーションの後は、もう一回光のトンネルです。

◆光のトンネル(光の回廊「宝石箱」)
光のトンネル「宝石箱」
光のトンネル「宝石箱」2
光のトンネル「宝石箱」3
こちらは、白を基調としたカラフルなトンネルです。長さは100m。一つ目の光のトンネルとはまた違った綺麗さがあっていいですね!

宝石箱を抜けて、水上イルミネーションをもう一度楽しみながら戻っていきます。
なばなの里(水上イルミネーション4)

◆鏡池
なばなの里(鏡池)
これは凄いですね。水に反射することで、「鏡池」という文字を正しく見せる。

落ち着いた和の雰囲気と合わせて、好きなポイントです。

戻ります。

もう一度、水上イルミネーションです。
なばなの里(水上イルミネーション5)
チャペルが水に反射してとても綺麗ですよね。

戻る途中には、ホタル育成中の看板が。
なばなの里(ホタル育成中) なばなの里(ホタル育成中2)
5月~6月中旬とあるので、この時期にはホタルが見られるんだろうなー。見たい。。

入口のすぐ手前まで戻ってくると、お土産コーナーがあります。
なばなの里(お土産)
お土産以外にも色々と軽食が売っていました。

ここでお土産を購入して、なばなの里を後にし、名古屋の宿に戻りました。
なばなの里戻る なばなの里戻る2

なばなの里の滞在時間は1時間半強でしたけど、綺麗なイルミネーションを満喫できて最高でした。
ベゴニアガーデンに入った場合でも、2時間もあれば全部見て回れるんじゃないかと思います。
なばなの里、おススメですよ!

◆なばなの里

・2014年3月 三重県桑名市 なばなの里に行ってきました2014。
・2013年9月 なばなの里にベゴニアガーデンを見に行ってきました。
・2012年1月 なばなの里ウィンターイルミネーション 冬華の競演へ行ってきました。

読んでくださった方、ありがとう。

それでは。

関連記事
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
[ 2012/01/29 23:33 ] 気ままにぶらぶら 三重 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひぐへい

Author:ひぐへい
 気ままに色々と更新していきますので、よろしくお願いします。
 一応、関西をメインとしていますが、最近は各地へ旅行をするのが楽しみで、少しずつ範囲も広がっています。目指せ47都道府県全制覇ですが、どうでしょうかね。。

2015/04/19
 写真を変更しました。既に終わってしまいましたが「マッサン」にはまってウイスキーをよく飲むようになりました。

アクセスカウンター
拍手ありがとうございます。
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。