気ままに。

気ままにぶらぶらしながら、美味しいものを食べる。そんなことを綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

兵庫県美方郡香美町 民宿「一(かず)」に泊まってきました。

民宿「一(かず)」に泊まってきました(2016/12/10,11)。

冬の我が家の恒例行事の香住カニ旅行です。(冬のボーナスが出る前に、出る予定でガツンと豪華に一年間のご褒美旅行です。)

香住には数多くの民宿があり、その中でどのお宿に泊まるのか悩んでいる時間も楽しかったりするんですが、もうこれ以上悩まなくても大丈夫という一つの答えが見つかってしまいました。それが今回の「一(かず)」さんです。

尚、今回はじゃらんの「♪昨年1番人気♪【3杯付】松葉がに満腹フルコース【1泊2食付】大人25,920円、幼児540円(食事・布団なし)」のプランで宿泊しました。(昨年に続き、僕の両親を招待しました。)

住所:兵庫県美方郡香美町香住区訓谷153-85

民宿「一(かず)」のHPはこちら


旅館の外観です。
一(かず)-1
駐車場は旅館のすぐ前と少し離れた場所に第二駐車場がありました。

通していただいた部屋です。
一(かず)-2
かなり綺麗です。

でも、特筆すべきは部屋に洗面台とトイレがあることですね。
一(かず)-3
カニとなると確実にたっぷりお酒を飲んでしまうので、夜起きた時に部屋に洗面台とトイレがあるのはとてもありがたいです。朝、寝ぼけた状態で歯磨きしても大丈夫ですね(笑)(ここは両親も感激したポイントでした。)

お風呂は男女別ですが、頼めば貸切もOKなようです。

ちなみに男風呂はこんな感じでした。
一(かず)-4
お風呂で父親と微妙な距離感の会話を楽しみ、いざ夕食です。(久しぶりにゆっくり話す機会があると、最初は多少ぎこちなくなってしまいますよね。)

夕食は別室で、入ってみるとこの通りです。
一(かず)-5
毎回、どのお宿でもそうですが、部屋に入る前のワクワク感がたまらないんですよね。そして今回のように期待値を上回った時の感動もたまりません。

席に着く前に圧倒的に目立っていたこれを撮りました。
一(かず)-6
素晴らしいですね。後でカニしゃぶとして美味しくいただくことになりますが、それはまた後ほどです。

鍋用の野菜も撮っておきます。
一(かず)-7
鍋は火を入れるタイミングを自分達で決められるので、僕たちはゆっくり遅めに火をつけました。

席に着きました。
一(かず)-8
盛り付けも美しく感動です。食べるのが勿体ない気がするけど、早く食べたいという矛盾が生じます。

とりあえず、瓶ビールを頼んで皆で乾杯して食べ始めたわけですが、まずはいくつか書いておきたいポイントを載せることにします。

飲み物メニューです。
一(かず)-9
(やっぱり、日本酒が香住鶴ですね。これが飲みたかったんです。)

注文する際にはテーブルについているボタンをぽちっと押します。
一(かず)-11
これは民宿では画期的なシステムだと思います。普通はふすまを開けて「すいませーん」て感じですよね。

さらに素晴らしいのがこの椅子です。
一(かず)-10
これは母親が絶賛でした。(年を重ねるとこのような椅子が本当にありがたいようです。)

子供用の椅子はアンパンマンでした。
一(かず)-12
これにはアンパンマンが大好きな娘が大喜びでした。

食事に戻ります。まずはカニ刺しです。

・カニ刺し
一(かず)-13
さっきまで泳いでいたというカニの刺身です。鮮度抜群ですね。甘くてプリプリで家族の幸せそうな笑顔が最高でした。

・カニの唐揚げ
一(かず)-14
これはもう本当に美味しかったです。適度な塩味にカニの甘さが引き立ち、母親も嫁さんも大絶賛でした。(色々食べるものがあるんですが、迷わず熱々なうちに食べるべきです。)

・カニ味噌
一(かず)-15
香ばしく焼いてあり、少し食べた後に香住鶴の熱燗を入れて飲むとまた美味しいんですよね。

ということで、熱燗を頼みました。
一(かず)-16
普段、日本酒は飲まない嫁さんがカニ旅行だけは積極的に香住鶴を飲むんですよね。香住鶴はカニにもよく合う美味しい日本酒で我が家には常に一升瓶がストックされています。。

・イカの塩辛
一(かず)-17
これもまたとても美味しかったです。イカの塩辛はそれほど好きではないんですけど、これは普通とは少し味付けが違っていて美味しかったです。家族も皆、絶賛していました。

冷酒とよく合いそうだ!と思い、冷酒も頼んでしまいました。
一(かず)-18

この通り、並べてみました。
一(かず)-19
見た目はよく合っていますが、食べて飲んでも絶妙な組み合わせでした。

・刺身
一(かず)-20
最初からあった刺身をこのタイミングで食べました。プリプリして美味しかったんですけど、どうしても優先的にカニを食べてしまうので、脇役になってしまいます。でも、美味しいです。(カニだけだと単調になりかねないので、刺身が果たしている役割はかなり大きいです。)

・焼きカニ
一(かず)-21
もうこれは見た目通りです。カニも大きく肉厚で最高に美味しいです。そして、何よりハサミの入れ方が素晴らし過ぎます。絶妙にハサミを入れてあるのでかなり食べやすく、この親切な仕事ぶりには家族全員感動しました。

特にこの部分です。
一(かず)-22
ここは殻も固く結構苦戦する部位なんですけど、そんなことは一切気にする必要なしです。(「一(かず)」さんのカニは翌朝の味噌汁のカニまで全て親切心にあふれた切り込みが入れてありました。)

・茹でカニ
一(かず)-23
若干、忘れかけていましたが、最初から目の前にあった茹でカニも食べます。刺身とも焼きとも違った良さがありますね。

ここまででけっこうお腹はたまってきましたが、ここから鍋に火を入れ、カニしゃぶ祭りです。

・カニしゃぶ
一(かず)-24

先に身を外しておくと、とても食べやすくなります。
一(かず)-25

こんな感じになります。
一(かず)-26
このカニしゃぶも凄く美味しかったです。身が開きふわっとするんですけど、このふわっと感が最高です。これまでのカニ旅行では鍋と言えばカニすきでしたが、カニしゃぶいいですね。もう、お腹いっぱいとか関係なくなる美味しさです。

上の写真をもう一度載せますが、このようにたっぷりあるので心ゆくまでカニしゃぶを楽しみました。
一(かず)-6
(ちなみに大人4人分です。)

その流れで鍋の野菜もいただきます。
一(かず)-27
カニの食べにくい部位を仕込んであるため、カニの出汁がたっぷり出たとても美味しい鍋でした。

その食べにくい部位はどうなったかと言うと、皆でほぐして雑炊に投入です。
一(かず)-28
カニの身がたっぷりで普通の雑炊よりかなり豪華な気分が味わえますね。

いざ、実食です。
一(かず)-29
海苔は娘が美味しそうに食べてしまったのでありませんが、海苔がないことなんて気にならないほど美味しかったです。

家族全員で綺麗に雑炊を完食した頃には今度こそ本当にお腹一杯だったんですが、最後のデザートがまた凄かったんです。

・デザート
一(かず)-30
まさかの三種盛りです。

まさかの三種盛りです。このタイミングでこのボリュームとは本当にびっくりしましたね。でも、もう食べられないと思っても食べられる不思議。。

全ての料理が美味しくてボリュームも圧倒的で、もう大満足です。家族全員で大絶賛でしたが、普段何かをそんなに褒めることのない父親まで「来年以降もこのお宿がいい」と言っていたぐらいなので、招待した側としては嬉しかったですね。(こんな形で親孝行を続けていきたいものです。)

夕食後に部屋に戻ると布団が敷かれていました。
一(かず)-31
これはどこのお宿でも普通のことですが、気分が高揚しているため、布団すら高級ホテルのベッドのように見えました。(高級ホテルなんて泊まったことないですが。。)

この後は軽く2次会を楽しみ、早めに布団に入りぐっすり寝ました。

日付は変わって翌朝です。

朝食は夕食と同じ部屋でいただきます。
一(かず)-32

朝から何種類も豪華です。
一(かず)-33

特にカニの出汁がよく出た味噌汁とカニご飯は絶品でしたね。
一(かず)-34

味噌汁のカニもこの通りハサミが入れてあり、やっぱりこの親切心には感動です。
一(かず)-36

ちなみにおひつの白ご飯もありました。
一(かず)-35
おかずがご飯によく合うものばかりだったので、皆、前夜の食べ過ぎで若干お腹いっぱいの状態で食べ始めた朝食でしたが、おかわりしていました。

いやー、本当に夜も朝も食べ過ぎでお腹が凄いことになりました。

朝食後は部屋の片づけをしてチェックアウトです。

来た時は夜で気づきませんでしたが、お宿の外にはカニがこの通り。
一(かず)-38
恐らく、このカニがカニ刺しになってくれたのかな?

しかし、本当に美味しいカニがたっぷりの最高のお宿でした。
一(かず)-37
是非、また泊まりたいですね。

もし、香住でおススメのお宿をと聞かれたら、僕は間違いなくこの「一(かず)」さんは挙げますね。(もちろん、他にも挙げるんですけど、本当におススメですよ。)

これで年内の更新は最後になります。2016年はあまりブログを更新できませんでしたが、2017年はもう少し頑張りたいですね。と言っても年明けからかなり激務の予感。。大丈夫かな。。

これまでの香住カニ旅行

・2015年:内湯民宿旅館 半兵衛
・2014年:香住 梅乃家
・2012年:夕庵
・2011年:檜風呂と炭火の宿 みはら

読んでくださった方、ありがとう。

それでは。

関連記事
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
[ 2016/12/31 22:38 ] 気ままにぶらぶら 兵庫 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひぐへい

Author:ひぐへい
 気ままに色々と更新していきますので、よろしくお願いします。
 一応、関西をメインとしていますが、最近は各地へ旅行をするのが楽しみで、少しずつ範囲も広がっています。目指せ47都道府県全制覇ですが、どうでしょうかね。。

2015/04/19
 写真を変更しました。既に終わってしまいましたが「マッサン」にはまってウイスキーをよく飲むようになりました。

アクセスカウンター
拍手ありがとうございます。
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。