FC2ブログ

気ままに。

気ままにぶらぶらしながら、美味しいものを食べる。そんなことを綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

三重県志摩市 「味と眺めと人情の宿 旅館いかだ荘山上」に泊まってきました。

「味と眺めと人情の宿 旅館いかだ荘山上」さんに泊まってきました(2016/6/18-2016/6/19)。

「伊勢志摩を旅行してきました2016夏」シリーズの宿泊先になります。

「的矢牡蠣」をお目当てに宿泊しましたが、牡蠣好きなら一度は泊まるべき!と自信を持って言えるお宿です。牡蠣の好きな僕たち夫婦、招待した両親含めて皆が驚きと感動の連続でもうこれ以上を想像するのは難しいと思えるほど、夏の「的矢牡蠣」を堪能できました。

尚、今回はじゃらんの以下のプランで宿泊しました。(大人1人18,000円)
【じゃらん限定】【クチコミ夕食4.9記念】【先着1日3組】感謝を込めて☆的矢かきづくしと三大味覚☆

住所:三重県志摩市磯部町的矢883-12

「旅館いかだ荘山上」のHPはこちら


まずはお宿の外観です。
いかだ荘山上-1
(宿の名前に「山上」とあるように少し高い場所にあります。)

入口すぐ近くにはこんな石碑がありました。
いかだ荘山上-4
やっぱり、牡蠣のお宿ってことですね。楽しみです。

中に入ります。
いかだ荘山上-5

嫁さんにチェックインを任せてテラスに出てみました。
いかだ荘山上-6

いい眺めです。
いかだ荘山上-7
写真にするとなかなか伝わりにくいですが、とてもいい雰囲気でしたよ。

その他、ロビーには若干ですがお土産コーナーもあったりします。
いかだ荘山上-8

部屋に案内していただきました。
いかだ荘山上-9
値段をおさえるため、海の見えない部屋プランにしています。尚、部屋にはトイレはありますが、洗面台は共有です。

お茶菓子です。
いかだ荘山上-10
伊勢志摩では「あおさ」をよく見かけ、我が家も買って帰りましたが、三重県が生産量日本一のようですね。

お風呂には露天風呂付展望大浴場、家族風呂(貸切有料)、貸切露天風呂(有料)の3種類がありますが、僕たちは露天風呂付展望大浴場へ入りました。

偶然、誰も入っていなかったので露天風呂を撮ってみました。
いかだ荘山上-11
お湯につかってしまうと、少し見え方は変わりますけど海を感じながらお風呂に入るのはいいものです。

さて、お待ちかねの夕食です。(楽しみにしていた夏の的矢牡蠣のフルコースです。)

夕食は別室に移動していただきましたが、こんな感じで準備されていました。
いかだ荘山上-12

おしながきです。
いかだ荘山上-13
これでもかと「牡蠣」の文字が並んでいますね。

まずは中央の蓋を無邪気にとってみると、中からアワビが出てきました。
いかだ荘山上-14
しかも、元気に動いてます。。飛び出されてはまずいのでさっと蓋を閉じて、こちらは後ほどのお楽しみです。

少々びっくりしましたが、気を取り直して皆でビールで乾杯です。
いかだ荘山上-15

・前菜(季節の三種)
いかだ荘山上-16
牡蠣の旨煮、南蛮漬け、味噌です。この三種をゆっくり味わう時間もなく、インパクトのある二品が運ばれてきたため、前菜でありながら、後で冷酒のあてにいただきました。(日本酒との相性抜群でした。)

・造り(平目薄造 他三種)
いかだ荘山上-17
写真は大人4人分ですが、これだけの量が並ぶとやっぱり迫力ありますね。どれもプリプリでとても美味しかったです。何より、牡蠣フルコースのイメージでいたため、こんな豪華な造りが登場したことは嬉しい驚きでした。

・生牡蠣
いかだ荘山上-2
この日の食事はどれも豪華でしたが、その中でも最高のインパクトはこの生牡蠣でした。なんと言っても、かつて見たことのない大きさの牡蠣がドーン!!と登場しましたからね。(全員、感動&絶賛でした。)

食べてみるとトロっとした食感でクリーミーで磯の香も強く、とても美味しかったです。その大きさ、磯の香の強さから伝わりにくい表現だと思いますが、海を食べてるような気分になりました。旅館の方によると2,3年物の牡蠣だそうです。

大袈裟ですが「的矢牡蠣」の文字を見る目も変わります。
いかだ荘山上-20

次は「伊勢エビ」ですが、お造りと塩焼きが選べたので、奥さんと二人で一つずつ選び、両方味わうことにしました。

・伊勢エビ(お造り)
いかだ荘山上-18
二人で食べるとすぐなくなってしまいますが、プリプリで甘くて一口でも満足です。

・伊勢エビ(塩焼き)
いかだ荘山上-19
塩焼きもいいですね。やっぱり伊勢エビは別格です。

尚、伊勢エビの殻は翌朝の味噌汁に投入されます。

続いては焼き牡蠣ですが、これも凄かったです。

・焼き牡蠣
いかだ荘山上-21
これも大きさが凄いんですよね。普段、冬に食べる牡蠣と比べると2,3個分はあるような気がしました。(母親が5回ぐらいにわけないと食べきれないと言っていたので、もっと大きかったかもしれません。)磯の香りもほどよく、牡蠣好きにはたまりません。冷酒がよく合い、どんどんお酒も進みます。

ちなみに飲んでいた冷酒はこれです。
いかだ荘山上-22
甘いお酒でとても飲みやすかったです。我が家の女性陣もぐいぐい飲んでいました。

次はアワビです。(贅沢な料理が続いて感覚がマヒしそうです。)

・アワビ 陶板焼き
いかだ荘山上-23

お皿にとります。
いかだ荘山上-24
ナイフを使って食べたい大きさに切り分けます。ナイフを使わずにがぶっと噛みつくのもありです。僕は始めは上品に切っていましたが、後半は贅沢なかぶりつきでいただきました。ぷりっとした食感にビールが美味しく飲めました。(ビールと冷酒は平行で飲んでます。)

裏を向けると肝がついていました。
いかだ荘山上-25
皆によれば肝付きは珍しいとのこと。食べてみると、また違った良さがあって肝も美味しかったです。本当に冷酒が進み過ぎて困ります。(上記の通り、ビールも飲んでますが。。)

次は松阪牛の石焼きです。(ここまで来ると今日は何かの記念日だっけ?という感覚です。)

・松阪牛の石焼き
いかだ荘山上-26
この3切れのお肉に幸せが詰まっていました。

焼いてみます。
いかだ荘山上-27
何と言うか、お肉にブランド力を感じました。

凄く柔らかくとろけるお肉は本当に美味しくて、過去僕が食べたお肉の中でもかなり上位に入る美味しさでした。さすが松阪牛!(毎年年始にブランド牛をネットで購入し実家で食べているんですけど、松阪牛は高いので手が出せませんでした。その理由が少し分かった気がしました。)

この辺りまで来ると終盤ですが、続いては蒸し牡蠣です。

・茶碗蒸し
いかだ荘山上-28
蒸し牡蠣は茶碗蒸しでした。

茶碗蒸しの中にもこの通り、牡蠣が丸ごと入っています。
いかだ荘山上-29
どこまでも牡蠣づくしです。

そろそろ、事前に火をいれておいた締めの釜飯もいい具合に炊けてきました。
いかだ荘山上-30

開けてみるとこの通りです。
いかだ荘山上-31

取り分けてみました。
いかだ荘山上-32
間違いなく美味しいに違いない、と期待値が高い状態で食べてもやっぱり予想通り美味しかったですね。牡蠣の出汁もよく出ていて文句なしです。

この釜飯を食べるタイミングで運ばれてきたのが、味噌汁と牡蠣フライです。味噌汁はともかく、牡蠣フライがここで登場するのは絶妙なタイミングだと思いました。

・味噌汁
いかだ荘山上-33
味噌汁にもしっかり牡蠣が入っています。

・牡蠣フライ
いかだ荘山上-34
やっぱり、僕が見てきた牡蠣フライの中では断トツで一番大きく、食べ応えありすぎです。牡蠣と言えば冬だと思っていましたが、夏の牡蠣も良いですね。

これにて料理は終了、最後はデザートとなるわけですが、本当に贅沢なコースでした。母と嫁さんは料理のボリュームが凄すぎて途中ギブアップしていました。(そのおかげで釜飯を二人分ぐらい食べられたような気がします。)「じゃらんのクチコミ夕食4.9」の評価にも納得で大満足でした。

・デザート
いかだ荘山上-35
これだけ食べて、最後のデザートも3品です。もう、凄すぎてなんだか楽しくなりました。

本当にご馳走様でした。

さすがにこれだけ食べると部屋に戻っての二次会も飲みが中心となりますが、それもお腹一杯ではなかなか進まず、夕食の牡蠣の凄さ、感動を皆で楽しくワイワイと盛り上がったところでこの日は就寝しました。

翌朝も食べ過ぎたお腹は少し重かったんですけど、朝食です。

・朝食
いかだ荘山上-3

一人分を撮ってみました。
いかだ荘山上-36
品数も多く、前夜からの続きということを考えると、かなりの量だと思います。美味しいので全部食べてしまいましたが、この後はしばらくお腹が空きませんでしたね。。

前日の伊勢エビはこの通り、味噌汁に投入されました。
いかだ荘山上-37
いい出汁が出ていて美味しかったです。

食後のコーヒーです。
いかだ荘山上-38

食後は出発の準備を整え、少し休憩した後でチェックアウトしました。
いかだ荘山上-39
上の写真はロビーの置物ですが、到着時はそれほど何も思いませんでしたが、牡蠣、伊勢エビを食べた後で見ると受け取る印象も変わりますね。

じゃらんの食事の口コミが高く、好きな牡蠣を食べられるお宿だったので選びましたが、これまで泊まってきたお宿の中でもインパクトはかなり上位でした。(両親からの評判も上々でした。)もう一度泊まりたいお宿ですが、今回が夏牡蠣だったので次回は冬の牡蠣でも食べられたらいいな、と思います。

この日は偶然見つけたお土産屋(伊勢志摩みやげセンター王将)を経由して、楽しみにしていた「鳥羽水族館」へと向かいました。

「伊勢志摩を旅行してきました2016夏」シリーズ

1日目

・観光:伊勢神宮(外宮)
・昼食:伊勢名物「岩戸屋」
・観光:伊勢神宮(内宮)
・おやつ:かき氷「赤福 五十鈴川店」
・宿 :味と眺めと人情の宿「旅館いかだ荘山上」

2日目

・買物:伊勢志摩みやげセンター王将
・観光:鳥羽水族館(前編後編
・昼食:海老フライ「漣 鳥羽店」

読んでくださった方、ありがとう。

それでは。

関連記事
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
[ 2016/07/24 23:21 ] 気ままにぶらぶら 三重 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひぐへい

Author:ひぐへい
 気ままに色々と更新していきますので、よろしくお願いします。
 一応、関西をメインとしていますが、最近は各地へ旅行をするのが楽しみで、少しずつ範囲も広がっています。目指せ47都道府県全制覇ですが、どうでしょうかね。。

2015/04/19
 写真を変更しました。既に終わってしまいましたが「マッサン」にはまってウイスキーをよく飲むようになりました。

アクセスカウンター
拍手ありがとうございます。
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。