FC2ブログ

気ままに。

気ままにぶらぶらしながら、美味しいものを食べる。そんなことを綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

三重県伊勢市 伊勢神宮(外宮)に行ってきました 2016夏。

伊勢神宮(外宮)に行ってきました(2016/6/18)。

「伊勢志摩を旅行してきました2016夏」シリーズの初日1カ所目の観光になります。

3年前、式年遷宮の直前に参拝して以来の伊勢神宮(外宮)です。前回は旧社殿と新社殿が両方存在するお得状態でしたが、今回はすっかりと本来の姿になっていました。余談ですが、今回は直前に「お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺(テレビ朝日)」で伊勢神宮特集を見ていたので、参拝にも力が入りました。

住所:三重県伊勢市豊川町279

伊勢神宮のHPはこちら


まずは外宮と内宮を合わせた神宮案内図です。
伊勢神宮(外宮)2016夏-3
(外宮は伊勢自動車道の伊勢西I.Cを降りるとすぐです。)

続いては外宮域案内図です。
伊勢神宮(外宮)2016夏-4
僕たちは第二パーキングに駐車しましたが、駐車場と表参道は少し離れています。一応、駐車場側から入ることも可能ですが、表参道へと歩きました。

・表参道火除橋
伊勢神宮(外宮)2016夏-5
写真では見にくいですが、左側通行の看板があります。

これには意味があって、左側から進むことで外宮に祀られている神様である「豊受大御神」への距離が遠くなる、つまり「遠慮して神様に近づくことになる」ということのようです。

さらに、ここには橋の脇に「下乗」の文字があります。
伊勢神宮(外宮)2016夏-6
これは「乗り物はここで降りるように(昔で言えば馬)」という意味のようです。

・伊勢神宮(外宮)の説明
伊勢神宮(外宮)2016夏-7
御祭神:豊受大御神

豊受大御神は前述のテレビではまず衣食住の神様と説明がありました。中でも特に「内宮に祀られている天照大御神の食事の世話をする神様(天照大御神専属のシェフ)」と説明がありました。ちなみにそのために丹波国(天橋立が有名)から呼び寄せられたそうです。

・参拝時間
伊勢神宮(外宮)2016夏-8

橋を渡ったところで、まずは手と口を清めます。

・手水舎
伊勢神宮(外宮)2016夏-9

この手水舎の少し奥には式年遷宮の資料館である「せんぐう館」があります。

・せんぐう館
伊勢神宮(外宮)2016夏-10
前回は入りませんでしたが、今回は参拝後に入ってみることにしました。

先にお参りです。

・第一鳥居
伊勢神宮(外宮)2016夏-1
この鳥居も特徴的で、普通の鳥居は二本目の柱も横に突き出ていますが、伊勢神宮では突き出ていません。また、鳥居の中央に額柱もありません(○○天神などと書かれた額)。この簡素な形こそが鳥居の原初の形であるようですね。

尚、上の柱は横から見ると五角形になっています。
伊勢神宮(外宮)2016夏-11

進みます。
伊勢神宮(外宮)2016夏-12
天気の良い日でしたが、木々の中は涼しく、流れる空気の清々しさも心地よかったです。

・第二鳥居
伊勢神宮(外宮)2016夏-13
青々とした木々に囲まれて鳥居が半分隠れてしまっていますね。

第二鳥居をくぐると、すぐ右手に神楽殿があります。

・神楽殿
伊勢神宮(外宮)2016夏-14

正宮を目指して真っ直ぐ進みます。
伊勢神宮(外宮)2016夏-15

すると、左手に「三ツ石」があります。

・三ツ石
伊勢神宮(外宮)2016夏-16
ここは20年に1度の式年遷宮のお祓いを行う場所のようです。テレビでは尊い場所のため、手をかざすよりも手を合わせる場所と説明がありました。

右手には奥のほうに小さな社殿?があります。
伊勢神宮(外宮)2016夏-17
このエリアは「古殿地(新御敷地)」と言われ、次の式年遷宮で遷移する先とされています。(今の場所とこの場所を交互に移動するようです。)また、小さな社殿は前回の正宮内の正殿の位置を表しているようです。

・正宮
伊勢神宮(外宮)2016夏-2
正面には白い布(みとばり)がかかっていますが、驚いたことに僕たちの順番になると、風が吹いたのかふわっと白い布がめくれあがり、奥が見えたんです。テレビでそんな映像が流れた時には信じられませんでしたが、今、こうして自分の目の前でも同じ現象が起こっていることにただただ驚きました。(貴重な体験でした)

続いては、少し戻って別宮「多賀宮、土宮、風宮」へ向かいます。
伊勢神宮(外宮)2016夏-18

途中、こんな小さな橋があるんですけど、ここも見所の一つです。

・亀石
伊勢神宮(外宮)2016夏-19
橋は石で出来ていますが、この石は亀の形状に見えることから「亀石」と呼ばれています。

橋を渡ったところから見てみると亀に見えやすいかもしれません。
伊勢神宮(外宮)2016夏-20
左に顔があり、その両端の石が手、橋が甲羅に見えませんか?尚、この「亀石」ですが天岩戸神話に登場する大岩とも言われているようです。

橋の下を流れる川を撮ってみましたが、とても幻想的な一枚になりました。
伊勢神宮(外宮)2016夏-21

橋を渡ってすぐ左手にはこのような木があります。
伊勢神宮(外宮)2016夏-22
根の部分がつながっているため、夫婦・カップルを連想させ、女性に人気があり大勢の方が木に触れて行くのを見ました。

進みます。
伊勢神宮(外宮)2016夏-23

ここから三方向に分かれます。どの順番が正解か分かりませんが、僕たちはまずは右手にある「土宮」へ進みました。

・土宮
伊勢神宮(外宮)2016夏-24

続いて、左手にある「風宮」へ進みました。

・風宮
伊勢神宮(外宮)2016夏-25
鎌倉時代の元寇の時、二度の神風を吹かせ日本を救った神様が祀られています。テレビでは伊勢湾台風の被害も一手に受け止めたというニュアンスの説明がされていたと思います。

最後は、階段をのぼって「多賀宮」へ進みました。
伊勢神宮(外宮)2016夏-26

長蛇の列です。
伊勢神宮(外宮)2016夏-27

・多賀宮
伊勢神宮(外宮)2016夏-28
こちらは豊受大御神の荒御魂が祀られており、外宮内の別宮では最も格式が高いとされています。

そう言えば、父がここで木の根が白蛇に見えて縁起が良いと喜んでいました。
伊勢神宮(外宮)2016夏-29

階段を降りて「土宮」との間にある細い道を進みます。
伊勢神宮(外宮)2016夏-30

そこには「下御井神社」があります。

・下御井神社(しものみいのじんじゃ)
伊勢神宮(外宮)2016夏-31
少し分かりにくい場所にあるので見落としやすいと思います。

これにて「外宮」の参拝は終了したため、来た道を戻ります。
伊勢神宮(外宮)2016夏-32
駐車場のほうへ抜ける道を歩くと「御厩」がありますが、今回は「せんぐう館」へ行くため同じ道を戻っています。

しかし、本当に緑が綺麗です。
伊勢神宮(外宮)2016夏-33

第一鳥居をくぐって、もう一度「せんぐう館」の入口まで戻ってきました。
伊勢神宮(外宮)2016夏-34

よく見ると「まがたま池 菖蒲田 公開中」とあったため、先に行ってみました。

・まがたま池 菖蒲田
伊勢神宮(外宮)2016夏-35

もう少しアップにしてみます。
伊勢神宮(外宮)2016夏-36

菖蒲の数はそれほどでもありませんが、それぞれの花はとても綺麗に咲いていました。
伊勢神宮(外宮)2016夏-37

最後は「せんぐう館」です。

・せんぐう館
伊勢神宮(外宮)2016夏-38
中は撮影禁止なので、今回の写真はここまでですが、とても興味深いものが沢山あるので一見の価値ありだと思います。中でも外宮の正殿の原寸大模型(高さ12.4mもあります!)は圧巻でしたね。本物を作った宮大工が同じ素材で再現されたそうです。

今回の参拝では事前にテレビで知識を得ていたため、より深く「外宮」を楽しむことが出来ました。いつもよりワンランク上の充実感があります。やっぱり、何事も予習は大事だと身に染みて分かりました。

この後は「おかげ横丁」へ移動し、昼ご飯を食べてから「内宮」を参拝しました。と言うことで、次のエントリーは昼食の「岩戸屋」さんです。

「伊勢志摩を旅行してきました2016夏」シリーズ

1日目

・観光:伊勢神宮(外宮)
・昼食:伊勢名物「岩戸屋」
・観光:伊勢神宮(内宮)
・おやつ:かき氷「赤福 五十鈴川店」
・宿 :味と眺めと人情の宿「旅館いかだ荘山上」

2日目

・買物:伊勢志摩みやげセンター王将
・観光:鳥羽水族館(前編後編
・昼食:海老フライ「漣 鳥羽店」

読んでくださった方、ありがとう。

それでは。

関連記事
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
[ 2016/07/02 23:29 ] 気ままにぶらぶら 三重 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひぐへい

Author:ひぐへい
 気ままに色々と更新していきますので、よろしくお願いします。
 一応、関西をメインとしていますが、最近は各地へ旅行をするのが楽しみで、少しずつ範囲も広がっています。目指せ47都道府県全制覇ですが、どうでしょうかね。。

2015/04/19
 写真を変更しました。既に終わってしまいましたが「マッサン」にはまってウイスキーをよく飲むようになりました。

アクセスカウンター
拍手ありがとうございます。
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。