FC2ブログ

気ままに。

気ままにぶらぶらしながら、美味しいものを食べる。そんなことを綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

愛知県知多郡 「湯元 四季海景色の宿 ホテル小野浦」に泊まってきました。

「湯元 四季海景色の宿 ホテル小野浦」に泊まってきました(2015/12/31-2016/1/1)。

「知多半島で年越しました 2015-16年末年始」シリーズの宿泊先になります。

最近は月に1、2回ペースの更新になっているため、このブログは季節感もなくゆっくり進行しています。ところで、今回は我が家では恒例になりつつある年末年始旅行です。(さすがに年末年始となると宿泊費はかなりかさみますが、皆で一緒に上げ膳据え膳でワイワイ楽しむことに集中できることに大きな価値ありだと思っています。)

住所:愛知県知多郡美浜町小野浦字風宮崎2-1

ホテル小野浦のHPはこちら


まずは外観です。
ホテル小野浦-1
駐車場はホテルの入口側と裏側にあるんですが、入口側がうまっていたため、我が家は裏側に駐車しました。

その裏側には露天風呂があります。
ホテル小野浦-8
ホテルとは繋がっていないので、冬は服装にもよりますが寒さに耐えつつ移動する必要があります。

ホテルに入ります。
ホテル小野浦-9

こちらが宿泊した部屋になります。
ホテル小野浦-10

お茶菓子です。
ホテル小野浦-11

到着は16時過ぎでしたが、とりあえずお風呂に入りました。
ホテル小野浦-12

夕食は別室ですが、僕たちは三家族が集まる大人数だったので広めの部屋でした。
ホテル小野浦-13

今回の料理はかなり豪華だったんですが、まずは子供用です。

・テーブル
ホテル小野浦-14
アンパンマンふりかけがついてるようですね。娘はふりかけもアンパンマンも好きなのでピッタリでした。

・プレート
ホテル小野浦-15
大きなエビフライにハンバーグ、もう十分です。(ちなみに娘は2歳になったばかりですが、よく食べるほうなので完食してたような気がします。。)

続いては大人用です。

・テーブル
ホテル小野浦-16
これは凄いですね。特に何かイメージを持っていたわけではないですけど、これを見る限りかなり期待大ですね。

中央は釜飯ですが、火を入れる前に確認してみると大きな具材がゴロゴロ入っています。
ホテル小野浦-18
素晴らしいです。これは絶対美味しいとこの時点で確信しました。

こんなコースでした。
ホテル小野浦-17
贅沢ですね。この一言に尽きる感じです。

まずはビールを飲みながら先付、前菜などをいただきました。
ホテル小野浦-19

そこへ登場したのがこちらの刺身と造里です。
ホテル小野浦-20
人数が多いので、量も多くなり、より迫力が増していますが、本当に豪華すぎて恐縮してしまったわけではないですけど、我が家ではしばらく手を付けずに観賞用として飾られていました。。

・てっさ
ホテル小野浦-3

・伊勢海老、アワビ、サザエ
ホテル小野浦-4

自分用の取り分けです。

・伊勢海老
ホテル小野浦-21

・アワビ、サザエ
ホテル小野浦-22

本当に美味しくて、特に心の満腹具合は凄く、2015年は良かったことも悪かったことも色々ありましたが、結局はこの料理に巡り会うためにあったんじゃないかと思えるほどに満足しました。

そう言えば、アワビと言えばもう一品ありました。

最初からあったこちらです。
ホテル小野浦-23
コースにはなさそうだったので、もしかすると旅行を予約してくれた父からのプレゼントだったのかもしれません。

このアワビはまだ生きていたようで、火をつけると少し気持ち悪いぐらいにぐにょぐにょ動いていました。。
ホテル小野浦-24

出来上がりはこちら。
ホテル小野浦-25

こんな大きなアワビは贅沢の極みだと思います。もちろん、丸ごと一つ食べるのは初めてです。この頃には冷酒を飲んでいましたが、最高でしたね。(冒頭にも書きましたが、お値段はけっこう高めです。。食べている時はそんなこと頭にないので幸せの絶頂ですが。)

一応、雰囲気を出すために冷酒も載せておきます。
ホテル小野浦-26

そして、茹蛸です。
ホテル小野浦-5
インパクト大です。

大きなタコをハサミで切り分けるんですけど、食べ応え抜群です。
ホテル小野浦-29
僕はタコが好きなので、この大きて太い足の食感はたまらなかったですね。(一人で2、3本食べたような気がします。。)

ここで箸休めであるトマトサラダの登場です。
ホテル小野浦-30
これはドレッシングも含めて本当に美味しくて、皆で絶賛しました。かなりインパクトのある味でしたね。

この間、最初からあった煮魚(メバル)などもつまみながら、美味しいお酒で気分もよくなっています。
ホテル小野浦-31

合わせて、最初からあった知多牛のステーキもいただきます。
ホテル小野浦-32
別に忘れていたわけじゃないんですけど、何がメインか分からないこの状況だと、食べ時が調整出来て、いつ食べても大丈夫な料理は後回しになります。

と言っても、食べるときはしっかり集中して向き合います。
ホテル小野浦-33
見た目通り、期待通りの味でした。強いて言うなら、冷酒よりビールを飲んでるときに食べるべきだったかなー、とは思いましたが、知多牛には罪なしです。

この時点で充分満足していますが、まだまだメイン級が登場します。

・大海老フライ
ホテル小野浦-34

・大アサリ焼
ホテル小野浦-35

どちらの料理もお酒にはピッタリで幸せな時を過ごせました。(実際は姪っ子、甥っ子からの一緒に遊べ攻撃で知多牛あたりから、隙を見ては食べるの繰り返しでそんなにじっくり味わったわけではないんですけど、楽しかったので良しです。)

半分忘れてましたが、茶碗蒸しもありました。
ホテル小野浦-45
美味しかったとは思うんですが、ちょっと忘れてます。。

そして、贅沢尽くしの締めは出来上がったかに釜飯です。
ホテル小野浦-36

お椀に取り分けます。
ホテル小野浦-37
やっぱり、思っていた通りに美味しかったです。釜飯っていいですよね。

この釜飯にはこんなセットがついていました。
ホテル小野浦-38

お茶漬けです。
ホテル小野浦-39
これも最高でした。かなりお腹一杯でしたけど、お茶漬けは別腹です。

最後はデザートです。

まずは子供用です。
ホテル小野浦-40

大人用はこちら。
ホテル小野浦-41

パッと見ると逆かな?とも思いますが、大人はもう満腹なのでシャーベット一つで充分。そういうことです。(恐らく)

本当によく食べました。

この後、部屋に戻ってからの二次会では紅白歌合戦をBGMにして盛り上がりましたが、ワイワイしていただけでそれほどお酒もつまみも減っていなかったように思います。

それだけお腹一杯だったんですけど、ここで年越そばの登場です。
ホテル小野浦-42

これがまた凄い量です。。事前に量を聞いた時は少しということだったので人数分注文したらまさかの普通サイズ。とは言っても、これを食べなきゃ年を越せないとばかりに皆で頑張って食べました。(僕も気合で二人分ぐらい食べたと思います。)部屋に持ってきてくれるサービスは嬉しかったですし、味も良かったです。でも、普通サイズと教えてくれていれば、もう少し注文数を減らしたけどなー、というのは贅沢な愚痴ですね。

こんな感じで我が家は年を越したわけですけど、年が明けた翌朝はバイキングでスタートです。

・朝食
ホテル小野浦-43
和風料理を中心に色々ありましたが、控えめ?にしておきました。

これに加えて、正月ならではのお雑煮です。
ホテル小野浦-6

さらに前夜に舌鼓を打った伊勢海老の殻が味噌汁になって登場しました。
ホテル小野浦-44
しっかり出汁が出ていて、伊勢海老を二度も楽しむことが出来ました。

と、言うことで、この辺りで今回は終わりなわけですけど、ホテルの駐車場から見る海の爽やかさが印象的でした。
ホテル小野浦-7

これを書いている今は既にGWを過ぎてしまいましたが、元旦に心新たに立てた一年の目標を今一度思い出しつつ、これからもしっかり頑張っていこうと正月ばりに気合を入れています。(ブログの更新頻度も少し上げていきます。)

この後は近くにある「夢菓子匠房 いちご堂」さんへ行き、美味しいスイーツを買いました。

「知多半島で年越しました 2015-16年末年始」シリーズ

1日目

・宿泊:四季海景色の宿 ホテル小野浦

2日目

・買物:夢菓子匠房 いちご堂
・買物:つくだ煮街道
・買物:魚太郎 市場食堂

読んでくださった方、ありがとう。

それでは。

関連記事
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
[ 2016/05/08 23:49 ] 気ままにぶらぶら 愛知 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひぐへい

Author:ひぐへい
 気ままに色々と更新していきますので、よろしくお願いします。
 一応、関西をメインとしていますが、最近は各地へ旅行をするのが楽しみで、少しずつ範囲も広がっています。目指せ47都道府県全制覇ですが、どうでしょうかね。。

2015/04/19
 写真を変更しました。既に終わってしまいましたが「マッサン」にはまってウイスキーをよく飲むようになりました。

アクセスカウンター
拍手ありがとうございます。
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。