気ままに。

気ままにぶらぶらしながら、美味しいものを食べる。そんなことを綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和歌山県西牟婁郡白浜町 旅館「つばき荘」に泊まってきました。

「つばき荘」に泊まってきました(2015/3/7)。

「和歌山を旅行してきました2015春」シリーズの宿泊先になります。

「つばき荘」さんでは今回の旅行のお目当てであるクエ鍋をご馳走になりましたが、サービス精神旺盛で気さくな女将さんが切り盛りされるこのお宿は料理はもちろん、温泉も素晴らしく、良い印象ばかりが記憶に残っています。

今回はじゃらんの「【冬季限定!】コラーゲンたっぷり★天然本クエ鍋プラン 大人14,040円、幼児0円(食事・布団なし)」のプランで宿泊しました。

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町椿1056-17

「つばき荘」のHPはこちら


まずはお宿の外観です。
つばき荘-1

通していただいた部屋です。
つばき荘-4
娘用に小さな椅子が用意されていました。子供を持つ親として、こんなサービスはとても心に響きます。

今回は珍しく早い時間(16時)にお宿に到着していたため、ご飯の前にゆっくり温泉に入ることが出来ました。

・椿温泉
つばき荘-5
温泉は家族風呂として貸切で入ることが出来ました(民宿のいい所ですね)。熱々でぬるぬるなお湯はとても気持ちよく、体の芯から温まり、温泉からあがった後もしばらくは汗がひきませんでした。あまりに気持ちよかったので、いつも寝坊する僕にしては珍しく朝風呂も入りました。

温泉の説明です。
つばき荘-6

温泉の後もゆっくり部屋でくつろいでいると、お待ちかねの夕食の用意が始まりました。(ご飯は自室でいただきます)

・クエ鍋の食材
つばき荘-2
クエがたっぷりでけっこうな迫力です。(冬、高級魚、白身魚というキーワードは知っていましたが、初めてのご対面に感激しつつ、クエの存在感に少し尻込みしました。)

・薬味
つばき荘-7

鍋の出来上がりを待ちきれないので、早速、用意しました。
つばき荘-8

・刺身
つばき荘-9

鍋が出来上がるまではこのお刺身で乾杯しました。
つばき荘-10
温泉の後のビールは最高ですね。

美味しいお刺身とビールを味わっている間に着々と鍋が出来上がりつつあります。
つばき荘-11

そして初めてのクエをすくってみました。
つばき荘-12
ツヤツヤして輝いて見えました。(大袈裟ですが、未知なる味への期待感というやつですかね。)

そして、目の前に小さな鍋を作って「いただきます」。
つばき荘-13

クエが本当に美味しくて、嫁さんともニコニコ笑顔でクエの争奪戦を繰り広げていたところに茶碗蒸しが登場です。

・茶碗蒸し
つばき荘-14

この茶碗蒸し、見た目は普通ですが、梅の風味がします。
つばき荘-15

梅とはやっぱり和歌山だなー、と思っていたら、なんとびっくり豪快に梅干しが出てきました。
つばき荘-16
やっぱり和歌山からさすが和歌山と思った瞬間です。。具材はこの梅干し一つだけでしたが、はちみつ系の梅干しはしっかりと味があり、美味しかったです。

もう一品、こちらはサービスだったようですが、その日にご主人が釣ったカツオのお刺身です。

・カツオの刺身
つばき荘-17
(これが食べられるかどうかは運次第のようです。ラッキーでした。)

脂がよくのってとろける刺身は、これまた最高でした。(マグロのトロを食べているような気分で、カツオと聞いていなければカツオとは分かりませんでした。)

どれも美味しい料理でしたが、ボリュームたっぷりの鍋もしっかり完食です。
つばき荘-18
ここからは雑炊に入りますが、この時点で出汁を残し過ぎたのは反省です。

・雑炊セット
つばき荘-19

出汁を残し過ぎてしまったせいで、少し水分多めな仕上がりです。。
つばき荘-20
このままでは味が若干薄目なので、漬物やクエ鍋用のポン酢で少し味を調整するといいかもしれません。

・デザート
つばき荘-21
デザートはイチゴでした。娘がイチゴが大好きで僕と嫁さんの分のイチゴを大興奮して食べている様子を見て、女将さんが追加のサービスを用意してくれました。(いくつだったか忘れましたが、けっこういただきました。本当に感謝です。)

お腹一杯大満足な夕食の後は持ち込んだお酒をちびちび飲みながら、早めに就寝しました。

翌朝は娘が寝ていたため嫁さんと交代で温泉に入ってから朝食です。

・朝食
つばき荘-3

朝食後はゆっくりとコーヒーをいただきました。
つばき荘-22

楽しい一泊でしたが、二日目はたっぷりと観光の予定をいれていたため、朝9時前にはお宿を出発することにしました。

お宿を出ようとするときに二つの額が飾ってあることに気づきました。

・額1
つばき荘-23

・額2
つばき荘-24

「一期一会」と「絆」。よく見る言葉かもしれませんが、どちらも「つばき荘」さんにはしっくりくる言葉でしたね。

そんな「つばき荘」さんを切り盛りする気さくな女将さんのサービスは出発ギリギリまで続き、その様は「おかん」と表現すればぴったりかな、と思います。本当にいいお宿でした。

旅行二日目は「三段壁・三段壁洞窟」から観光をスタートしました。

「和歌山を旅行してきました2015春」シリーズ

1日目
・昼食:ラーメン「清乃」
・観光:南部梅林
・観光:紀州梅干館
・宿泊:旅館「つばき荘」

1日目
・昼食:ラーメン「清乃」
・観光:南部梅林
・観光:紀州梅干館
・宿泊:旅館「つばき荘」

2日目
・観光:三段壁・三段壁洞窟
・観光:白浜海中展望塔
・観光:白良浜
・観光:円月島
・昼食:海鮮料理「とれとれ市場」

読んでくださった方、ありがとう。

それでは。

関連記事
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
[ 2015/06/02 22:11 ] 気ままにぶらぶら 和歌山 | TB(-) | CM(1)
この春に行ってきます
南紀白浜の旅、拝見しました。とても楽しそうですね。クエ料理は1度食べに行った事があります。
南紀は、僕にとって凄く想い出深い所なのでこの春また旅に行こうかなと思ってます。今年は第二の人生スタート。
つばき荘満喫してこよーーー!
参考にします。ありがとうございました!
(๑`・ᴗ・´๑)
[ 2016/02/15 03:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひぐへい

Author:ひぐへい
 気ままに色々と更新していきますので、よろしくお願いします。
 一応、関西をメインとしていますが、最近は各地へ旅行をするのが楽しみで、少しずつ範囲も広がっています。目指せ47都道府県全制覇ですが、どうでしょうかね。。

2015/04/19
 写真を変更しました。既に終わってしまいましたが「マッサン」にはまってウイスキーをよく飲むようになりました。

アクセスカウンター
拍手ありがとうございます。
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。