気ままに。

気ままにぶらぶらしながら、美味しいものを食べる。そんなことを綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「和歌山を旅行してきました2015春」シリーズのまとめ。

2015/3/7、8に一泊二日で和歌山に旅行をしてきました。

「クエが食べたいなー」

嫁さんがそんなことを言っていたため、和歌山へクエ鍋を食べに行ってみることにしました。広い和歌山ですが、以前、熊野古道には行ったことがあったので、今回は西側エリアを中心に観光してみました。初日は怪しい天気でしたが、二日目は快晴で心地よい旅行だったな、と思います。

今回はそんな旅行のまとめ編です。

※時間は目安なのであしからず。


◆1日目 3/7(土)

今回の旅行で、実はクエ鍋以上に興味があったのが昼食のラーメンです。

『昼食 ラーメン「清乃」』10:45~11:45(所要時間 1時間)
清乃-1
住所:和歌山県有田市野696

・ラーメン(上から時計回りに角長しょうゆ「匠」、紀ノ国地鶏 塩、和歌山ラーメン)
清乃-2

訪問日時点もこれを書いている今も食べログで「ラーメン」と検索すると全国1位にランクされている「清乃」さんです。人それぞれ好みはあるでしょうが、全国1位のラーメンてこんな味なんだなー、というのが僕の第一印象(感想?)でした。

詳細はこちら↓
和歌山県有田市 ラーメン「清乃」でお食事しましたよ。

ラーメンでお腹を一杯にした後は「南部梅林」へ行きましたが、さすがに時期が遅く、見頃は過ぎていましたね。。

『南部梅林』12:40~13:00(所要時間 1時間30分)

・車で回るコース
南部梅林-1
その名の通り、車で走りながら梅を堪能できるコースです。車を停めて自分の足で歩くコースも当然ありますが、このアイデアは素晴らしいと思いました。

・梅林
南部梅林-2
もし、見頃だったらこの山一面が梅で綺麗だったんだろうなと思います。

続いては「紀州梅干館」です。和歌山に行くからにはやっぱり梅干を買って帰りたいと思っていたので、寄ってみました。

『紀州梅干館』13:10~14:05(所要時間 1時間5分)
紀州梅干館-1
住所:和歌山県日高郡みなべ町山内1339

・直売店「梅翁園」
紀州梅干館-2

梅干屋さんは色々あり、それぞれ特色があるので、どこへ行ってもいいと思いますが、この「紀州梅干館」では工場見学や梅干し作りの体験(要予約)が出来るようです。(この日は工場はお休みでした。。)

「紀州梅干館」のHPはこちら

この後は地元のスーパーに寄ったりしましたが、天気も良くなかったので少し早目にお宿へ入ることにしました。

『つばき荘』16:00~翌8:50
つばき荘-1
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町椿1056-17

・夕食(クエ鍋の食材)
つばき荘-2

・朝食
つばき荘-3

とても気さくでサービス精神たっぷりな奥さんが切り盛りされているお宿で(旦那さんは漁師さん)、少しお湯が熱めな椿温泉はとても気持ちが良く、初めて食べたクエもとても美味しく心に残る味でした。

「つばき荘」のHPはこちら

詳細はこちら↓
和歌山県西牟婁郡白浜町 旅館「つばき荘」に泊まってきました。

◆2日目 3/8(日)

2日目は天候に恵まれ快晴だったので、予定通り、和歌山県西部の海沿いをドライブしながら観光スポットを巡りました。

まずは「三段壁・三段壁洞窟」です。

『三段壁・三段壁洞窟』9:20~11:05(所要時間 1時間45分)
三段壁-1
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町2927-52

・三段壁洞窟の中から
三段壁洞窟-1

天候の良さもあって、素晴らしい絶景でしたね。普段、自分が生活しているエリアと比べると、ここは本当に日本なのかと疑いたくなるような景色だと思いました。

この日は3月なのに少し暑いぐらいだったため、福亀堂さん(お土産屋、駐車場を利用しました)で梅ソフトクリームを堪能してから次の目的地である「白浜海中展望塔」へと向かいました。

・梅ソフトクリーム 250円
三段壁-2
ほんのり梅風味でさっぱりしていて美味しかったです。

「三段壁・三段壁洞窟」のHPはこちら

詳細はこちら↓
和歌山県西牟婁郡白浜町 三段壁・三段壁洞窟に行ってきました。

『白浜海中展望塔』11:15~11:35(所要時間 20分)
白浜海中展望塔-1
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1821

・海中展望塔へ
白浜海中展望塔-2

・海中
白浜海中展望塔-3

展望塔を降りて行くといくつか窓があり、そこから海を覗くことが出来ます。色々な魚が泳いでいるため、子供が喜びそうだな、と思いました。(我が家の娘はまだ小さすぎたため駄目でした。)※大人800円、子供(3歳以上)500円です。もう少し安ければ、と思いました。

「白浜海中展望塔」のHPはこちら

続いては「白良浜」です。(有名ですが、白浜の名の由来となったとされています。)

『白良浜』11:40~12:30(所要時間 50分)
白良浜-1
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町

・水平線
白良浜-2

・砂浜
白良浜-3

空と海と白い砂浜、もう素晴らし過ぎて感動しました。クエ鍋がお目当てな旅行でしたが、この「白良浜」を見れたことは本当に価値がありました。まだ海水浴には早かったんですが、いつか娘にこんなに綺麗な海を泳がせてあげたいと思いました。(結局、景色を眺め、砂浜で少し遊んだだけですが気づいたら50分も経っていました。)

そろそろお腹が空いてきたような気もしていましたが、次は「円月島」です。

『円月島』12:35~13:00(所要時間 25分)
円月島-1
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町(白良浜より少し北)

白浜のシンボルとされる「円月島」ですが、正式名称は「高島」と言うようです。ここは夕日との相性がとてもいいようで、下の写真の案内板のような景色が見られるようです。

・案内板
円月島-2
尚、「円月島」をほぼ正面から見られる位置に簡易駐車場があります。そこにこの案内板もありました。

この時点では、昼も13時を過ぎていましたが、ようやく昼食ということで「とれとれ市場」へ行きました。(今回の旅行、最後の観光です。)

『とれとれ市場』13:15~15:20(所要時間 2時間5分)
とれとれ市場-1
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2521

・海鮮丼 1,500円
とれとれ市場-2

・ホタテ、エビ、イカ 合計1,550円
とれとれ市場-3

海沿いをドライブとくれば、やっぱりご飯は海鮮料理です。混んでいたのでかなり並びましたが、美味しい海鮮料理を食べることが出来て満足です。

・マグロ解体ショー
とれとれ市場-4
このマグロの解体ショーでは、さばいている途中で希望を伝えるとそれに応じた量を切ってくれるため、僕も500gをオーダーし、夕食用の刺身を購入してみました。

この後も館内をブラブラして色々とお土産を購入しましたが、本当に楽しい場所で2時間では足りないぐらいだと思いました。(温泉もあるので入って帰ろうかと思いましたが、時間の都合で断念しました。)

「とれとれ市場」のHPはこちら

詳細はこちら↓
和歌山県西牟婁郡白浜町 海鮮料理「とれとれ市場」でお食事しましたよ。

以上で今回の旅行は終了です。一泊二日でしたが、今回も充実していました。今回の旅行ではアドベンチャーワールドに行くかどうか悩みましたが、結局、娘がまだ楽しめないという理由でやめておきました。(チケットもけっこういい値段しますからね。。)

帰りの車中では睡魔に勝てず、嫁さんに運転を代わってもらいましたが、それならばと夕日を撮ってみました。
和歌山旅行-1
(不思議なもので運転から離れると眠気って冷めますね。。)

家に着いた時には20時前でしたが、夕食では旅行中に購入した品々で嫁さんと乾杯しました。

・炙りさんま寿司、チャンジャ、マグロの刺身(とれとれ市場で購入)
和歌山旅行-2

・梅干(紀州梅干館で購入)
和歌山旅行-3

今回も楽しく思い出に残る旅行でした(やっぱり、天候は旅行の大きな部分を占めていますね)。そして、今回は和歌山県の魅力を再確認できた旅行にもなりました。前回の熊野古道に続き、今回は西側エリアでしたが想像以上に楽しかったです。次回は何年後か分かりませんが、まだ知らない和歌山県の魅力を探りにまた旅行したいと思います。

読んでくださった方、ありがとう。

それでは。

関連記事
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
[ 2015/05/17 23:06 ] 気ままにぶらぶら まとめ編 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひぐへい

Author:ひぐへい
 気ままに色々と更新していきますので、よろしくお願いします。
 一応、関西をメインとしていますが、最近は各地へ旅行をするのが楽しみで、少しずつ範囲も広がっています。目指せ47都道府県全制覇ですが、どうでしょうかね。。

2015/04/19
 写真を変更しました。既に終わってしまいましたが「マッサン」にはまってウイスキーをよく飲むようになりました。

アクセスカウンター
拍手ありがとうございます。
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。