気ままに。

気ままにぶらぶらしながら、美味しいものを食べる。そんなことを綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高知県土佐清水市 「ペンション 木のくじら」に泊まってきました。

「ペンション 木のくじら」に泊まってきました(2014/9/21,22)。

「四国を旅行してきました(かろうじて一周?) 2014初秋」シリーズの二日目の宿泊先になります。(まとめ編は「その2 高知・愛媛編」)

この日のお宿は翌日の四国最南端(足摺岬、四万十川)への観光にそなえて、その近くにある「ペンション 木のくじら」さんを選びました。兵庫県の自宅から二日かけてここまで到達しましたが、それにしても毎度のこととは言え、よく移動したもんだと我ながら感心しています。(そこにとても素敵なお宿がありました。)

今回はじゃらんの「海の見える和室【ファミリー2食付】 大人8,600円、幼児1,500円(食事・布団なし)」のプランで宿泊しました。

住所:高知県土佐清水市加久見1464-461

「ペンション 木のくじら」のHPはこちら


お宿にはナビを合わせて走っていたんですが、若干、最後のお宿近くの道が分かりにくいかもしれません。

かなり細い道を入っていくため、少し不安になりますが、ちゃんと看板が出ています。
ペンション 木のくじら-4
(ただし、この看板も注意していないと見落としてしまうかもしれません。)

こんな道を進みます。
ペンション 木のくじら-5
上の写真のさらに先が対向車がいるとかなり厳しい道幅だったと思いますが、もうすぐそこがお宿です。

お宿の外観です。
ペンション 木のくじら-1
お宿の配色がそう思わせるのか、第一印象は「なんか、面白そうだな」と思いました。

通していただいた部屋です。
ペンション 木のくじら-6

窓の外には海が見えます。
ペンション 木のくじら-7
椅子もあったので、お酒でも飲みながらゆっくり海を眺めてみたりしたかったんですが、あいにく雨が降っていたため叶わずでした。

部屋にはロフトもありました。
ペンション 木のくじら-8
(お宿全体がそうだったんですが、木の味わいというか雰囲気がとても良いなと思いました。)

ロフトには天窓があり、こちらも天気が良ければさぞかし星空が綺麗だったんだろうなー、と思います。
ペンション 木のくじら-9

夕食前にお風呂に入らせていただきましたが、お風呂への移動時も綺麗でお洒落で味のあるお宿に目を奪われました。
ペンション 木のくじら-10

自販機の上のスペースもこの通りです。
ペンション 木のくじら-12

話は戻って、貸切の家族風呂です。
ペンション 木のくじら-11
広くて綺麗なので、ゆったりとお風呂を楽しむことができました。(子供と一緒に広々とお風呂に入れるって最高です。)

ここからは夕食ですが、一室しかない個室を利用することが出来ました。(小さな子供連れのお客さんを優先的に案内してくださるようです。)

こんな部屋です。
ペンション 木のくじら-2
とてもいい雰囲気で、部屋に入った瞬間に感激してしまいました。

この部屋にはCDコンポが置いてあり、この日は部屋の雰囲気によく合った爽やかな洋楽が流れていました。
ペンション 木のくじら-13

ドリンクメニューはけっこう豊富ですが、やっぱり最初は迷わずビールを注文しました。
ペンション 木のくじら-14
途中から焼酎のダバダ火振に切り替えました。四万十源流栗焼酎とありましたが、高知の焼酎だったんですね。けっこう昔から好きな焼酎で家にも買って置いていたこともあったんですが、知りませんでした。

席について一枚撮ってみました。
ペンション 木のくじら-15
テーブルにあるちょっとした段差もまた特別感があっていいなと思いました。

美味しそうな刺身を前にしてビールで乾杯です。
ペンション 木のくじら-16

何から食べようか迷いましたが、やっぱりこの見ただけで美味しさが伝わる刺身ですね。

・刺身盛り合わせ
ペンション 木のくじら-17
ハガツオ、チイキ(ヒメダイ)、タルメ(メダイ)、モイカ(アオリイカ)と後は何だったかな?

どれもよく脂がのっていて、とろける刺身ばかりで最高です。特にハガツオはマグロのトロのようで絶品でした。海鮮好きな嫁さんもノンアルコールビールで口を清めながら一種類ずつよく味わい、絶賛していました。本当に美味しかったです。

続いては小鉢類を見ていきます。

・小鉢1
ペンション 木のくじら-18
安心感のある期待通りの味で美味しかったです。

・小鉢2
ペンション 木のくじら-19
手前の小さな貝ですが、ニナ貝と言うようです。爪楊枝を使ってサザエのようなイメージで食べます。

続いては追加で登場した珍しい一品です。

・マンボーの天ぷら
ペンション 木のくじら-20
お宿の奥さんからはパサパサしたササミのような食感と聞きましたが、ササミより弾力が強く、僕としてはイカ天のようなイメージかなと思いました。初めて食べましたが、珍味の部類でお酒のあてにはちょうどいいですね。

最後はテーブルの上にあった大皿×2です。

・あんかけ煮魚
ペンション 木のくじら-21
この魚が何か忘れてしまいましたが、かなり大きくて食べ応え抜群でした。しかもあんかけ(野菜も多め)というところがまた嬉しかったですね。美味しかったので1人でかなりの量を食べてしまったかもしれません。。(嫁さんごめん。)

・サバの焚きこみ御飯
ペンション 木のくじら-22
薄めの味付けですが、それでもしっかり味を感じることが出来て、これもまたとても美味しかったですね。(味が濃くないからこそ、お腹がたまってきてもガツガツと食べられます。冷めた後、おにぎりにして食べても絶対美味しいと思います。)

どの料理もとても美味しくて大満足です。(今回の写真には登場していませんが、白ご飯も炊飯器たっぷり用意されていました。)お宿の雰囲気、料理の味・量、大人8,600円/人ということを考えるとコスパが素晴らし過ぎますね。

食後は部屋に戻って桂浜で買った地酒をちょびちょびと楽しみました。子供が寝ているので豆球ほどの灯りでしたが、それもまた乙です。星空を肴に出来ると最高でしたが、それはまたいつかの機会です。

翌朝も雨が降っていて、この日の観光がどうなるかと不安でしたが、それはさておき朝食です。

・朝食
ペンション 木のくじら-3
(朝食も同じ個室を利用させていただきました。)

朝食では僕も名前を聞いたことがある高知県の地鶏「土佐ジロー」の卵をいただきました。

・土佐ジローの卵
ペンション 木のくじら-23
この卵ですが、たまごかけご飯で食べても良し、焼いて食べても良しです。(僕はたまごかけご飯が苦手なので焼いてもらいました。)

たまごを割ってみるとこの通り。
ペンション 木のくじら-24
普段、僕が卵を割る機会はないんですが、それでも普段見る卵と比べて黄身が盛り上がっているような気がしました。

・たまごかけご飯
ペンション 木のくじら-25
こちらは嫁さんが美味しそうに食べていました。

・たまご焼き
ペンション 木のくじら-26
こちらは僕が食べましたが、確かにいつも食べている卵とは違い、味が濃くてとても美味しいと思いました。

ところで、お味噌汁の中にこんなものが入っていました。
ペンション 木のくじら-27
「亀の手」と黒いほうは何だったかな?どうやって食べるのかと思いますが、そこはお宿の奥さんが教えてくれるので心配なしです。味はなんとも言えませんね。話のタネという感じでしょうか。

食後のコーヒータイムです。
ペンション 木のくじら-28
コーヒーでほっと一息落ち着きたいところですが、娘がそうはさせてくれないので、残念ながらほぼ一気飲みです。。

そんな娘にはこちらをいただきました。
ペンション 木のくじら-29
(まだ9か月で飲めなかったので、ありがたく嫁さんといただきました。)

この個室にはお宿のご主人・奥さんのもう大きくなられた子供さんが昔遊んでいたおもちゃも置いてありました。
ペンション 木のくじら-30
当時の娘には少し早かったんですが、今ではこの種類のおもちゃが大好きでよく遊んでいます。

食事の後、少し時間があったのでお宿をもう一度見て回ってみました。

外観です。
ペンション 木のくじら-31

到着時は雨降りの中を急いで荷物を運んでいたのでよく見ていませんでしたが、色々と可愛らしい置物がありました。
ペンション 木のくじら-32

お宿に入ればこの通りです。
ペンション 木のくじら-33

すぐ正面にはこんな木の置物もあります。
ペンション 木のくじら-34
とてもいい雰囲気ですよね。

さらに海もすぐ近くにあるので、天気が良ければ眺めも最高だと思います。
ペンション 木のくじら-35

このお宿に上で載せた食事です。今、振り返ってみてもやっぱりいいお宿だったなー、と思います。ご主人・奥さんが気さくでとても話しやすかったのも大きなポイントでした。

さて、この日の観光ですが、まずは午前中に「足摺エリア巡り」を行うことにしました。お宿のご主人にその話をすると、ご親切に道を教えていただき、最後まで本当に良い印象ばかりが残りました。我が家からは少々行くのが難しい場所ですが、いつかまた機会があればと思います。

◆「四国を旅行してきました(かろうじて一周?) 2014初秋」シリーズ

1日目(徳島県)
・昼食:徳島ラーメン「中華そば いのたに 本店」
・観光:大歩危・小歩危峡(詳細なし)
・観光:祖谷渓の小便小僧(詳細なし)
・観光:祖谷のかずら橋
・宿泊:旅館「祖谷の宿 かずらや」

2日目(高知県)
・観光:桂浜
・昼食:カツオたたき「明神丸 ひろめ市場店」
・宿泊:ペンション 木のくじら

3日目(高知・愛媛県)
・観光:足摺エリア巡り(その1その2
・昼食:海鮮料理「足摺黒潮市場」
・観光:四万十川の沈下橋巡り
・宿泊:農家民宿「ログ 杉の家」

4日目(愛媛・香川県)
・観光:四国カルスト
・観光:道後温泉(詳細なし)
・夕食:讃岐うどん「津田の松原SAのあなぶき家」(詳細なし)

まとめ編
まとめ(その1 徳島・高知編)
まとめ(その2 高知・愛媛編)

読んでくださった方、ありがとう。

それでは。

関連記事
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
[ 2015/03/15 23:23 ] 気ままにぶらぶら 高知 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひぐへい

Author:ひぐへい
 気ままに色々と更新していきますので、よろしくお願いします。
 一応、関西をメインとしていますが、最近は各地へ旅行をするのが楽しみで、少しずつ範囲も広がっています。目指せ47都道府県全制覇ですが、どうでしょうかね。。

2015/04/19
 写真を変更しました。既に終わってしまいましたが「マッサン」にはまってウイスキーをよく飲むようになりました。

アクセスカウンター
拍手ありがとうございます。
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。