気ままに。

気ままにぶらぶらしながら、美味しいものを食べる。そんなことを綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

兵庫県美方郡香美町 民宿旅館「香住 梅乃家」に泊まってきました。

民宿旅館「香住 梅乃家」に泊まってきました(2014/12/5,6)。

2014年も香住にカニを食べに行ってきました。我が家では2011年から続けている冬のイベントの一つで今回で3回目になります(2013年は嫁さんの出産が重なって行けませんでした。)。毎回美味しいカニに大満足していましたが、今回宿泊したお宿「香住 梅乃家」さんは特に素晴らしく満足度最高でした。

今回はじゃらんの「【じゃらん限定】人気☆☆☆!松葉かに2.5杯ギブアップ!姿茹付き 大人23,760円」のプランで宿泊しました。(両親が娘の誕生日祝いで来てくれたので奮発しました。)

住所:兵庫県美方郡香美町香住区下ノ浜308-1

民宿旅館「香住 梅乃家」のHPはこちら


まずは外観ですが、京都を思わせるとてもいい雰囲気です。
梅乃家-1
(残念ながら、雪を避けて12月初旬にしたのに今回もなぜか大寒波と重なり、雪が降ってしまいました。)

通していただいた部屋です。
梅乃家-2
綺麗な部屋でとてもいい雰囲気でしたね。

お茶菓子です。
梅乃家-3

部屋が違うとお茶菓子も違っていました。
梅乃家-4
(両親の部屋です。こちらのほうが大人向けかな?)

部屋から外を眺めてみると雪だらけでした。
梅乃家-5
幸いにも車移動でしたがチェーンを装着することなく到着できました。改めて見てみると結構凄いことになってましたね。(冒頭にも書きましたが、多分12月中旬ぐらいまではこんな状態になるほうが珍しいと思います。)

早めに到着していたので、先にお風呂に入ることにしました。

お風呂は貸切で入ることができます。
梅乃家-6
(洗面、トイレは共有です。ちなみにトイレットペーパーは三角折になってました。いいお宿です。)

いい雰囲気のお風呂で家族3人ゆっくり温まりました。
梅乃家-7
(壁が檜なので、その香りから檜風呂に入っているような気分になりました。)

お風呂の後は別室に移動して、楽しみにしていた食事です。
梅乃家-8

こちらが僕たちのテーブルです。
梅乃家-9
用意されていたカニに家族揃って満面の笑みになりました。

・焼きガニ用(4人前)
梅乃家-10

・鍋用
梅乃家-11

カニがとにかく大きくて見ているだけで美味しい気分になれましたが、まずは焼きガニをいただきます。
梅乃家-12

そして食べます。
梅乃家-13
焼きガニならではの香ばしさにカニの甘さが加わり、もう最高ですね。大きく量もたっぷりで食べ応えも抜群です。

順番は前後しますが、個人のテーブルはこんな感じになっていました。
梅乃家-14

お刺身もついていましたが、カニを前にするとどうしても少し脇役になってしまいます。
梅乃家-15
(アワビもあり豪華で美味しかったですよ。脇役なんて言ってしまいましたけど。)

焼きガニを楽しんでいると、次は姿茹ガニの登場です。

・姿茹ガニ
梅乃家-16
もうびっくりしましたね。一杯でも大きいのに4人分なので迫力満点です。運ばれるや家族みんなで「おぉ!」と歓声があがりました。しかも茹でたてなので湯気が立ち上っています。

焼きガニを食べつつ、横には茹ガニが控えるというなんとも贅沢な食卓です。
梅乃家-17

ひとまず、自分の前に茹ガニを持ってきてニンマリと撮影しました。
梅乃家-18

さあ、食べようかと思っていたら、ここでカニ刺しの登場です。

・カニ刺し
梅乃家-19
これには参りました。カニ刺しはないのかな?と半分諦めていたタイミングでの登場だったので嬉しさ倍増です。これが出てきたなら何より優先して食べないと勿体ないですね。(やっぱり刺身は鮮度が重要ですね。)

皆でカニを持ち上げて口で受けようとするお約束のポーズで記念撮影を済ませ、早速いただきます。
梅乃家-20
やっぱり美味しいですね。この食べ方が一番カニの甘みを感じられると思います。最高でした。

この後は天ぷらが登場しました。
梅乃家-21

どの食べ方も本当に美味しかったですね。ここからしばらくは残っている焼きガニ、茹ガニを皆でワイワイ賑やかに食べたり、食べることに集中し黙々と必死で食べてみたりと色々でしたが、口を開けば満足感を表す言葉ばかりで至福の時でした。

この辺りでお酒をビールから香住の地酒である「香住鶴」へと変更し、ますます酔いも回って勢いが出てきました。
梅乃家-22
(日本酒とは思えない容器もまたいいですね。)

結構な時間をかけて茹でガニを綺麗に食べ切り、甲羅を剥いてカニ味噌を集めてみました。
梅乃家-23
そのまま食べても当然美味しいんですが、いつもここに「香住鶴」を入れて飲んでいます。絶品ですね。

正直なところ、ここでご馳走様となっても充分満足ですが、まだお鍋が残っています。ちなみにですが、普通、カニを食べると手に染みついた臭いが気になるものですが、不思議と気になりませんでした。皆、同じ感想でしたが、これはカニが新鮮だったということなのかな?

・つみれ
梅乃家-24
お鍋はまずつみれからでしたが、これがまたフワフワで美味しかったんですよね。

続いてカニをどばっと投入します。
梅乃家-25
本当に色々な味が楽しめていいですね。しかもどの食べ方もとにかくカニが大きいのでしっかり味わうことができます。

カニの出汁がよく出ている鍋で野菜を煮込みます。
梅乃家-27

薬味はネギと大根おろしです。
梅乃家-26
ポン酢にこの薬味を加えてお鍋をいただくわけですが、カニの出汁をよく吸った白菜などは何もつけずにそのままお鍋の味で食べるのが一番美味しいと思いました。

鍋を充分楽しんだ後は、カニの食べにくい部分を次の雑炊に向けて頑張って集めました。
梅乃家-28
(これとても大事です。)

雑炊は宿側で用意してくれるため、雑炊をお願いし、一旦お鍋の撤収です。

ふと気が付くと、カニの殻が凄いことになっていました。
梅乃家-29
すでに引いてもらった殻もあったと思うので、これで全部じゃないような気もしますが、それにしても凄い量です。今回の宿泊プラン名に「2.5杯ギブアップ!」とあったんですが、本当にその通りですね。これまで、一食でこんなにカニを食べた経験はありません。(カニの食べ放題に行ったことがありますが、それと比べてもどうでしょうか。。)

そんなことを思っていたら、お鍋の再登場です。

・カニ雑炊
梅乃家-30
ここに先ほど頑張って集めたカニを投入します。

これでカニたっぷりのカニ雑炊の完成です。
梅乃家-31
ここまでくるとかなりお腹一杯ですが、それでも美味しいので皆でしっかり食べ切りました。(もう少し食べたいな、と思うほど人気ですぐなくなりました。)

・デザート
梅乃家-32
最後はデザートです。お洒落な盛り付けで3品もありました。もちろん美味しく完食です。

もう本当にご馳走様でした。普段の旅行であればこの後は部屋に戻って二次会となるところですが、さすがにこの日は皆が限界まで食べていたため、このままお開きでお腹一杯のまま早くに寝てしまいました。。

ということで、続いては翌日の朝食です。

・朝食
梅乃家-33
朝食も夕食と同じく別部屋でいただきました。

・かご盛
梅乃家-34
女性受けが良さそうなお洒落なかご盛ですね。

お洒落と言えば湯呑もいい具合です。

・湯呑
梅乃家-35
それぞれ違う模様だったので、目で見て味わう楽しみもありました。(この辺りは部屋の小物などにも共通していて、どれも少しずつお洒落でお宿全体としていい雰囲気でした。)

・カニたっぷりの味噌汁
梅乃家-36
カニの出汁もよく出ていて美味しかったです。何杯でも飲みたくなりますね。

・香住の朝と言えばこの魚
梅乃家-37
一度名前を聞いたことがあるんですが、すぐ忘れてしまいます。でも、香住で宿泊するのは三回目ですが朝食には毎回登場する魚です。

・カニたっぷり釜めし
梅乃家-38
朝からかなりのボリュームですけど、とても美味しいので問題なく完食です。もしコンビニでこの釜めしのおにぎりが売っているなら買ってしまいますね。

・食後のコーヒー
梅乃家-39
最後はコーヒーを飲んでご馳走様です。朝食から美味しくボリュームたっぷりで大満足でした。

少し休憩した後、ぼちぼち帰り支度を始めていると、車に積もっていた雪が綺麗に降ろされていることに気づきました。本当にありがたいことです。また、お宿を出るときは家族総出でお見送りをしていただき、こちらもまた感謝です。(がっしり体系のイケメン?!兄弟がいますよ。しかも人当たりが良く話しやすい!)

選んだ宿泊プランによるのかもしれませんが、本当に美味しくボリュームたっぷりなカニ料理には両親も大絶賛で招待した僕たちも大満足です。また、機会があれば必ずリピートしたいと思います。

例年であれば、この後は「かすみ朝市センター」を目指すところですが、今回はすぐ近くの「海の蔵」に寄っていくことにしました。

・海の蔵
梅乃家-40

規模で言えば「かすみ朝市センター」と比べてかなり小さいですが、それでもちょっとしたお土産程度なら事足ります。
梅乃家-41
我が家はお宿で飲んで美味しかった香住鶴(日本酒)とお土産を少々購入しました。

帰りは和田山ICから高速に乗りましたが、そのすぐ手前にある「海鮮せんべい但馬」へ寄りました。

・海鮮せんべい但馬
梅乃家-42
「海鮮せんべい但馬」のHPはこちら

ここでは種類が豊富な海鮮せんべいを試食し吟味しながら、いくつかをお土産に購入しました。
梅乃家-43

ついでに、多少眠かった体を起こすために無料コーヒーをぐいっと一杯飲みほしました。
梅乃家-44

これで後は帰るのみですが、本当に素晴らしく思い出に残るカニ旅行になりました。

そう言えば、宿泊の少し前にパンフレット同封のお手紙をいただきました。色々なお宿に宿泊してきましたが、宿泊前にこんなことがあったのは初めてです。この時点で何か違うとは思っていましたが、やっぱり予想通り素敵なお宿でした。

読んでくださった方、ありがとう。

それでは。

関連記事
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
[ 2015/01/25 22:57 ] 気ままにぶらぶら 兵庫 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ひぐへい

Author:ひぐへい
 気ままに色々と更新していきますので、よろしくお願いします。
 一応、関西をメインとしていますが、最近は各地へ旅行をするのが楽しみで、少しずつ範囲も広がっています。目指せ47都道府県全制覇ですが、どうでしょうかね。。

2015/04/19
 写真を変更しました。既に終わってしまいましたが「マッサン」にはまってウイスキーをよく飲むようになりました。

アクセスカウンター
拍手ありがとうございます。
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。